ご挨拶

三間内科医院は昭和62年5月に前院長である三間 孝雄が長岡市中島に開院し、30年以上地域のみなさまと共に歩んでまいりました。この度2020年(令和2年)10月に三間内科医院は名称を「みつまクリニック」に変更し長岡市表町に移転リニューアルすることとなりました。私は医師として働き始めてから20年目になりますが、これまで内科、特に循環器内科、そして救命救急の現場で多くの患者さんの命と向き合ってきました。今の日本は医療の進歩に伴い多くの命が助かるようになり、平均寿命は世界トップレベルとなりました。しかし同時に様々な病気を抱えながら生活をしている患者さんが増えてきています。私の専門の循環器内科においても、若いころに心臓発作をおこしたが数十年後に心不全となって息が苦しくなりだんだん悪くなる、といったような患者さんが近年どんどん増えてきています。以前は急性期の治療を中心に行っていましたが、そんな時代の変化の中で徐々に私自身も患者さんには笑顔でその人らしく生きてほしいと考えるようになり、地元長岡で地域に貢献したいと思い、新たなスタートをきることとなりました。笑顔でその人らしく生きるためには病気の治療だけではなく予防や介護が重要となるため、地域の様々な職種の方々とも協力しながら患者さんを支えるお手伝いをさせていただければと思っています。その上で自分の循環器内科という専門性を生かした検査や治療も取り入れ、幅広い患者さんのニーズに応えられるように日々スタッフと一丸となりがんばっていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

医療法人社団 三間内科医院
みつまクリニック 理事長・院長
三間 渉(みつま わたる)

沿革

1987年(昭和62年)5月1日 三間内科医院 長岡市中島5丁目7番54号に開院 初代院長 三間孝雄

1992年(平成4年)3月11日 医療法人社団 三間内科医院 設立 初代理事長 三間孝雄

2020年(令和2年)4月1日 医療法人社団 三間内科医院 理事長交代 三間渉 就任

2020年(令和2年)9月30日 医療法人社団三間内科医院 閉院(長岡市中島5丁目7番54号)

2020年(令和2年)10月8日 医療法人社団三間内科医院 みつまクリニック 移転開院(長岡市表町4丁目1番地7)

経歴

<学歴>
1993年3月 新潟県立長岡高校卒業
1994年4月 島根医科大学(現 島根大学)医学部入学 
2005年4月 新潟大学医歯学総合研究科器官制御医学講座(新潟大学院)入学 
2008年3月 同 卒業
 
<職歴>
2001年5月 新潟大学医学部付属病院第一内科勤務(2002年4月退職)
2002年5月 厚生連下都賀総合病院内科勤務(2003年4月退職)
2003年5月 燕労災病院循環器科勤務(2004年4月退職)
2004年5月 新潟大学医歯学総合病院第一内科勤務
2007年4月 同 救急部集中治療部 特任助教
2009年10月 同 高次救急災害医療センター 助教(2011年3月退職)
2011年4月 信楽園病院循環器内科医長
2016年4月  同 副部長(2020年3月退職)
2017年4月  新潟医学医学部内非常勤講師(兼任、2020年3月退職)
2018年11月 医療法人社団 三間内科医院 理事(兼任)
2020年4月  医療法人社団 三間内科医院 理事長

資格・所属学会

<資格>
2006年9月 日本内科学会 内科認定医
2008年9月 日本循環器学会 循環器専門医
2009年9月 日本内科学会 総合内科専門医
2010年2月 AHA BLSインストラクター
2014年9月 日本心臓リハビリテーション学会 心臓リハビリテーション指導士
2015年3月 日本心血管インターベンション学会 認定医
2016年7月  臨床研修指導医
2019年3月 日本腎臓リハビリテーション学会 腎臓リハビリテーション指導士
 
<所属学会>
日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション学会
日本心臓病学会
日本心臓リハビリテーション学会
日本腎臓リハビリテーション学会(代議員)

業績

1)    三間渉、血液透析患者における不整脈管理(抗不整脈薬、抗凝固薬の使い方も含めて)、ICUとCCU 2020;44:33-38
2)    Mitsuma W, Matsubara T, Hatada K, Imai S, Tamura M, Tsubata Y, Ikarashi K, Morioka T, Saito N, Shimada H, Miyazaki S. Atrial Fibrillation Had Less Impact on the Risk of Ischemic Stroke in Non-anticoagulated Patients Undergoing Hemodialysis: Insight from the RAKUEN study. Intern Med. 2018;57:2295-2300
3)    三間渉、長谷川靖、賀川尚美、林香織、佐野愛、星野寛子、長谷川伸也、滝澤直之、細川学、畑田勝治、今井俊介、田村真、松原琢、包括的外来心臓リハビリテーションが摂取食塩量に与える影響、心臓リハビリテーション 2018;24:100-105
4)    Inoue YY, Aiba T, Kawata H, Sakaguchi T, Mitsuma W, Morita H, Noda T, Takaki H, Toyohara K, Kanaya Y, Itoi T, Mitsuhashi T, Sumitomo N, Cho Y, Yasuda S, Kamakura S, Kusano K, Miyamoto Y, Horie M, Shimizu W. Different responses to exercise between Andersen-Tawil syndrome and catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia. Europace. 2018;20:1675-1682
5)    三間渉、松原琢、畑田勝治、今井俊介、田村真、齋藤徳子、島田久基、宮崎滋、血液透析患者における心房細動の臨床的特徴と抗凝固療法の実態に関する研究、新潟県医師会報 2016:801
6)    Mitsuma W, Matsubara T, Hatada K, Imai S, Saito N, Shimada H, Miyazaki S. Clinical characteristics of hemodialysis patients with atrial fibrillation: The RAKUEN (Registry of atrial fibrillation in chronic kidney disease under hemodialysis from Niigata) study. J Cardiol. 2016;68:148-55.
7)    福島 仁美, 伊藤 正洋, 安達 豊美, 三間 渉, 齊藤 寛文, 柴田 修、Basic Life Support(BLS)講習会インストラクターにおける自己効力感の検討、日本シミュレーション医療教育学会雑誌(2187-9281)2巻 Page14-17(2014.06)
8)    Kashimura T, Kodama M, Tanaka K, Sonoda K, Watanabe S, Ohno Y, Tomita M, Obata H, Mitsuma W, Ito M, Hirono S, Hanawa H, Aizawa Y. Mechanical alternans in human idiopathic dilated cardiomyopathy is caused with impaired force-frequency relationship and enhanced poststimulation potentiation. Heart Vessels. 2013;28:336-44
9)    Aizawa Y, Jastrzebski M, Ozawa T, Kawecka-Jaszcz K, Kukla P, Mitsuma W, Chinushi M, Ida T, Aizawa Y, Ojima K, Tagawa M, Fujita S, Okabe M, Tsuchida K, Miyakita Y, Shimizu H, Ito S, Imaizumi T, Toba K. Characteristics of electrocardiographic repolarization in acute myoardial infarction complicated by ventricular fibrillation. J Electrocardiol. 2012;45:252-9.
10)  Ito M, Kodama M, Kashimura T, Obata H, Mitsuma W, Hirono S, Tomita M, Ohno Y, Tanabe N, Aizawa Y. Comparison of patients with pulmonary arterial hypertension with versus without right-sided mechanical alternans. Am J Cardiol. 2012;109:428-31.
11)  Mitsuma W, Ito M, Kodama M, Takano H, Tomita M, Saito N, Oya H, Sato N, Ohashi S, Kinoshita H, Kazama JJ, Honda T, Endoh H, Aizawa Y. Clinical and cardiac features of patients with subarachnoid haemorrhage presenting with out-of-hospital cardiac arrest.  Resuscitation. 2011;82:1294-7.
12)  Mitsuma W, Ito M, Obata H, Kodama M  Sudden cardiac arrest after subarachnoid hemorrhage. Intern Med. 2011;50:1859.
13)  Mitsuma W, Kodama M, Ito M, Kimura S, Tanaka K, Hoyano M, et al. Thromboembolism in Takotsubo cardiomyopathy. Int J Cardiol 2010;139:98-100
14)  Kimura S, Mitsuma W, Ito M, Suzuki H, Hosaka Y, Hirayama S, et al. Inverted Takotsubo contractile pattern caused by pheochromocytoma with tall upright T-waves, but not typical deep T-wave inversion. Int J Cardiol 2010;132:e15-17
15)  Hoyano M, Ito M,Tanaka K, Okamura K, Komura S, Mitsuma W, et al. Inducibility of atrial fibrillation depends not on inflammation but on atrial structural remodeling in rat experimental autoimmune myocarditis. Cardiovasc Pathol 2010;19:e149-157
16)  Sato A, Yagihara N, Kodama M, Mitsuma W, Tachikawa H, Ito M, et al. Takotsubo cardiomyopathy after delivery in an oestrogen-deficient patient. Int J Cardiol 2011;149:e78-79
17)  Mitsuma W, Ito M, Honda T, Kodama M, Endoh, H, Aizawa Y, Poor R wave Progression in the Precordial Leads in Left-sided Spontaneous Pneumothorax. Circulation 2009;120:2122
18)  Aizawa Y, Satoh A, Mitsuma W, Editorial for the manuscriot of Zhou and colleagues appearing in this issue Pheochromocytoma and cardioembolic stroke. Intern Med 2009;48:1571-1572
19)  Tanaka K, Ito M, Kodama M, Hoyano M, Kimura S, Mitsuma W,et al..Long-term Carperitide Treatment Attenuates Left Ventricular Remodeling in Rats With Heart Failure After Autoimmune Myocarditis. J Cardiovasc Pharmacol 2009;54:232-239
20)  Mitsuma W, Ito M, Fujita S, Sato A, Washizuka T, Kodama M, et al. Irreversible dilated cardiomyopathy after surgical resection of pheochromocytomas associated with von Hippel-Lindau disease. Int J Cardiol 2009;131:e95-96
21)  Okamura K, Ito M, Tanaka K, Chinushi M, Adachi T, Mitsuma W, et al. Comparative effects of olmesartan and azelnidipine on atrial structural remodeling in spontaneously hypertensive rats. Pharmacology 2009;83:360-366
22)  森田慎一、風間順一郎、長谷川奏恵、三間渉、佐藤暢夫、肥田誠治、木下秀則、本多忠幸、遠藤裕、救命に成功した気腫性腎盂腎炎の一例、日本内科学会雑誌 2009;98(6):142-144
23)  相澤義房、三間渉、心房細動の管理の実際、Medical Practice 2009;26(2):273-279
24)  Ohno Y, Okura Y, Ramadan MM, Taneda K, Suzuki K, Tomita M, Hao K, Kimura S, Hoyano M, Mitsuma W, Tanaka K, Kashimura T, Ito M, Hirono S, Hanawa H, Kodama M, Aizawa Y Health-related quality of life of outpatients with systolic and isolated diastolic dysfunction: Sado Heart Failure Study. Circ J 2008;72:1436-1442
25)  Okura Y, Ramadan MM, Ohno Y, Mitsuma W, Tanaka K, et al. Impending epidemic: future projection of heart failure in Japan to the year 2055. Circ J 2008;72:489-491
26)  Ramadan MM, Kodama M, Hirono S, Okura Y, Mitsuma W, Ito M, Aizawa Y Evaluation of oxidized low-density lipoprotein in the coronary circulation of patients with coronary artery disease, and its association with percutaneous coronary intervention. Int J Cardiol 2008;134:e117-119
27)  Ramadan MM, Tachikawa H, Kodama M, Okawara A, Mitsuma W, Ito M, et al. A pilot-controlled study of myeloperoxidase-specific anti-neutrophil cytoplasmic autoantibody (MPO-ANCA) in the coronary circulation. Int J Cardiol 2008;128:114-116
28)  Mitsuma W, Ito M, Yagihara N, Kimura S, Tanaka K, Hirono S, Kodama M, Aizawa Y. Left Ventricular Thrombus in Takotsubo Cardiomyopathy. J Am Coll Cardiol 2008;50(1):cover page
29)  小玉誠、三間渉、タコツボ型心筋障害、医学のあゆみ 2008;226(1):59-66
30)  Tanaka K, Ito M, Kodama M, Maruyama H, Hoyano M, Mitsuma W, et al. Longitudinal change in renal function in patients with idiopathic dilated cardiomyopathy without renal insufficiency at initial diagnosis. Circ J 2007;71:1927-1931
31)  Kodama M, Ramadan MM, Mitsuma W, Tanaka K, Hoyano M, Minagawa T, et al.. Bridging collateral from an internal mammary arterial graft to a coronary artery, Acta Media et Biologica 2007;55:87-90
32)  Mitsuma W, Kodama M, Ito M, Tanaka K, Yanagawa T, Ikarashi N, et al.. Serial Electrocardiographic Findings in Women with Takotsubo Cardiomyopathy, Am J Cardiol 2007;100:106-109
33)  Okura Y, Ohno Y, Suzuki K, Taneda K, Ramadan MM, Mitsuma W, et al.. Characterization of Outpatients with Systolic Dysfunction in a Japanese Community by total enumeration: Sado Heart Failure Study. Circ J 2007;71:1004-1012
34)  Mitsuma W, Kodama M, Hirono S, Ito M, Ramadan MM, Tanaka K, et al.. Angiopoietin-1, Angiopoietin-2 and Tie-2 in the Coronary Circulation of Patients with and without Coronary Collateral Vessels. Circ J 2007;71:343-347
35)  Mitsuma W, Kodama M, Hanawa H, Ito M, Ramadan MM, Hirono S, et al. Serum Endostatin in the Coronary Circulation of Patients with Coronary Heart Disease and Its Relation to Coronary Collateral Formation, Am J Cardiol 2007;99:494-498
36)  Aizawa Y, Mitsuma W, Ikrar T, Komura S, Hanawa H, Miyajima S, et al. Human cardiac ryanodine receptor mutations in ion channel disorders in Japan. Int J Cardiol 2007;116:263-265
37)  Ramadan MM, Kodama M, Mitsuma W, Ito M, Kashimura T, Ikrar T, et al.Impact of percutaneous coronary intervention on the levels of interleukin-6 and C-reactive protein in the coronary circulation of subjects with coronary artery disease. Am J Cardiol 2006;98:915-917
38)  Mitsuma W, Ito M, Kodama M, Fuse K, Okamura K, Minagawa S, et al. Cardioprotective effects of recombinant human erythropoietin in rats with experimental autoimmune myocarditis. Biochem Biophys Res Commun 2006;344:987-994
39)  相澤義泰, 三間渉, 小村悟, 鷲塚隆, 三好史人, 上田和雄, 小林洋一, 池主雅臣, 櫻田春水, 相澤義房, 木村彰方, 平岡昌和 カテコラミン誘発性多形性心室頻拍家系におけるリアノジン受容体遺伝子変異 心臓, 2006;38(5):536-541
40)  三間渉,相澤義房 新潟県中越地震を契機に発症したたこつぼ型心筋症の一例 THE CIRCULATION FRONTIER, 2006;10(4):61-65
41)  小玉誠、渡部裕、三間渉、佐藤正仁、相澤義房 新潟中越地震におけるタコツボ型心筋障害の多発 呼吸と循環 2006;54(7)751-756
42)  小幡裕明, 大倉裕二, 小玉誠, 末武修二, 渡部裕, 阿部暁, 広野暁, 三間渉, 伊藤正洋, 加藤公則, 塙晴雄, 長谷川剛, 相澤義房、急速に進行し死の転帰をとった肺毛細血管腫症の1例 心臓, 2006;38(12):1192-1198
43)  Kodama M, Ramadan MM, Mitsuma W, Okamura K, Kashimura T, Tachikawa H, et al. Ventricular fibrillation in two cases with dilated cardiomyopathy and mechanical alternans. Pacing Clin Electrophysiol 2005;28:1347-1349
44)  Mitsuma W, Ito M, Fujita S, Tsuchida K, Takahashi M, Hayashi J, Kodama M, Aizawa Y. Pericardial abscess detected by Gallium-67 scintigraphy 40 years after cardiac surgery.Int Heart J 2005;46:1119-1122
45)  三間渉, 小玉 誠, 伊藤正洋, 畑田勝治, 土田圭一, 広野 暁, 大倉裕二, 相澤義房、いわゆる「たこつぼ型心筋障害」10例の臨床像、新潟医学会雑誌 2005;119:242-250
46)  三間渉, 相澤義房、心機能低下をきたす危険因子~ストレス(たこつぼ型心筋障害)~.実験 治療2005;678:110-114
47)  小村 悟, 三間 渉, 相澤義房 房室ブロックと治療抵抗性の感染症を契機に診断された心膜膿瘍の1症例 THE CIRCULATION FRONTIER, 2005;9(1):62-66,